小児の成長発育・矯正治療について|近藤歯科クリニック

TEL:042-524-0722
立川歯周病研究所
立川歯並びネット相談(無料)

.

小児の成長発育・矯正治療について

小児期で最も大切なことは、健全な身体と心の成長発育です。

そして、矯正治療において、最も大切なことは、“歯を抜かないこと”です。

“歯並び”には原因があります。

遺伝的なものもありますし、後天的な環境によるものもあります。

歯並びの原因を考えずに、ただ歯の並ぶスペースだけを考えて歯を抜いてしまうのは絶対にすすめられません。

そして、歯並びの原因とともに、舌の位置、あごの骨の形、筋肉の状態を、よく考えて矯正治療をしないと、必ず“後戻り”といって、歯を動かしても、元の位置に近い場所まで戻ってしまいます。

さらに、成長期のお子さんの歯を抜くことにより、あごの成長がさらに悪くなり他の歯の持ちも悪くなり、将来的には、歯周病にもなりやすくなります。

“ヒト”が生きてくうえで、最も大切なことは、“呼吸=息をすること”ですが、“歯並び”はさらに、頭の骨の形態、あごの位置、筋肉の状態などの “結果”であることがわかってきました。

したがって、成長期のお子さんの歯を抜いてしまうのは、呼吸に悪影響を与えるだけでなく、咀嚼、嚥下など、生きていくうえで必要な条件に悪い影響をあたえかねません。

さらに、歯並びが良くないお子さんは、鼻づまり、アレルギー性鼻炎、喘息、いびき、睡眠時無呼吸などの耳鼻科系疾患もかかえている場合が多いです。

これにはあご、顔の理想的な成長発育をさせる、バイオブロック療法が効果的です。顎顔面の成長発育により、鼻づまりなどの耳鼻科系疾患も改善され、歯並びも結果的に良くなります。

近藤歯科クリニックでも、今年から、このバイオブロック療法をはじめました。
≫バイオブロック療法についてくわしくはこちら

さらに、“歯並びを治す”ことをまず第一にするならば、床矯正治療も、年齢、状態によっては、従来の矯正治療と比較し、費用のかからない、取り組みやすい矯正治療法です。

このように、近藤歯科クリニックは立川周辺地域のお子さんの心と身体の健やかな成長を応援し、皆さまのご健康を願い、日々歯科診療に取り組んでおります。

南アルプス.薬師岳からの富士山

当医院名 近藤歯科クリニック
診療
科目
小児歯科矯正歯科
予防歯科一般歯科・
歯周病
義歯・歯科口腔外科
外来環算定歯科)
医院
住所
〒190-0011
東京都立川市高松町
2-25-3
メープル立川1F
TEL・FAX 042-524-0722
その他 ご質問・ご相談
お気軽にお電話ください
患者さまの声
初診の方用問診票ダウンロード
受付時間
09:00-12:30//
14:00-18:30///
診療時間
09:40-13:00/
///
10:00-13:00/////
14:30-19:00///