6歳臼歯を守ろう|近藤歯科クリニック

TEL:042-524-0722
立川歯周病研究所
立川歯並びネット相談(無料)

.

6歳臼歯を守ろう

6歳臼歯(=第一大臼歯)は乳歯の後に生えてくるもっとも重要な永久歯です。

その理由は、
○6歳臼歯は永久歯のなかで、最も大きく、よく噛める歯です。
○6歳臼歯で“歯並び”“かみ合わせ”は決まってしまいます。
○6歳臼歯が1本無くなっただけで、咀嚼効率は2/3以下になってしまいます。
○永久歯の中で、最もむし歯になりやすい歯です。

☆☆☆6歳臼歯は多くの永久歯の中でも、ひときわ大きく目立つ歯です。
そして、この6歳臼歯は、我々歯科治療をする側にとってもその重要性、必要性から言って“他の歯とは格が違う”イメージを持たされる歯といえます。
子どもの歯科治療の場合、この6歳臼歯をむし歯にさせないこと、守ることが、一番の目標です。さらに、大人の歯科治療の場合、その人の口の中でこの歯をどれだけ持たせるかがポイントにもなるのです。

6歳臼歯の生える時期

“6歳臼歯が生える時期”というのが、むし歯になりやすい原因の一つです。
6歳臼歯ですから、6歳頃生えてきますが、個人差があり、早い子は5歳過ぎから生えてきます。
一般的には、6歳の誕生日の前後、遅い子では、小学校2年生くらいの子もいます。
ちょうど、前歯が生え変わる時期に重なってしまい、お母さん、お父さん方は、初めての生え変わりに前歯の方に気を取られてしまいがちです。これがむし歯になりやすい最も大きな原因ではないでしょうか。

6歳臼歯の生えてくる場所

生える場所は子どもの歯の一番奥の歯のさらにその奥です。
お子さんは口が小さいですから、ちょっとのぞくだけではわかりません。
仕上げみがきをするとき赤ちゃんの頃と同様に仰向けに寝かせて行い、お子さんが5歳になったら、いつも、子どもの奥歯のさらにその奥の歯ぐきのところを触るようにしてください。
そうすれば、生え始めを見逃しません。
そして、生え始めたら、すぐに歯科に行ってください。予防処置をしてくれます。

6歳臼歯を守るために~近藤歯科クリニックの取りくみ

  1. 5歳を過ぎたお子さんはもちろん、定期検診、歯並び、矯正相談に来られたお子さんはすべて6歳臼歯の萌出状態をチェックしています。
  2. 6歳臼歯が生えてきたら、フッ素塗布、かみ合わせの面が見えてきたら、シーラント処置という予防填塞処置をします。
  3. この予防填塞処置は取れやすいので、一度つけても来院時いつもチェックし、取れていることがあれば、再充填します。
  4. 6歳臼歯が出てくる途中、歯ぐきが被った状態ですでにむし歯になっていることも多いので、(とくに下の6歳臼歯)歯ぐきの中のむし歯になりやすいところもチェックします。
  5. 6歳臼歯の手前の乳歯(第二小臼歯)がぬけたら、つぎの永久歯(第二小臼歯)がはえてくる前に、隠れていた歯の間の面がむし歯になっていないかチェックします。

近藤歯科クリニックでは、矯正治療中のお子さんも、矯正装置のチェック(約一ケ月半)のたびにむし歯のチェックもしていますが、6歳臼歯をとくに注意してチェックしています。そしてむし歯を見つけた場合、矯正治療と同日にむし歯治療は出来ないので、(健康保険でそういう決まりになっている)後日早めにむし歯治療をしています。

クインテッセンス出版「歯科衛生士」Vol.37(2013年8月)より転載

当医院名 近藤歯科クリニック
診療
科目
小児歯科矯正歯科
予防歯科一般歯科・
歯周病
義歯・歯科口腔外科
外来環算定歯科)
医院
住所
〒190-0011
東京都立川市高松町
2-25-3
メープル立川1F
TEL・FAX 042-524-0722
その他 ご質問・ご相談
お気軽にお電話ください
患者さまの声
初診の方用問診票ダウンロード
受付時間
09:00-12:30//
14:00-18:30///
診療時間
09:40-13:00/
///
10:00-13:00/////
14:30-19:00///